My Retreat

~死を迎えた元中小企業オーナーの憂鬱~元中小企業経営者の視点から、自身の事・社会の事・経済の事・時事ねた・家族の事・夫婦の生活(性活)の事・趣味の事等(結局何でもあり)を、匿名であるが故に率直に、そして赤裸々に書いています。そうここは私にとっての隠れ家ですから。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情緒不安定?失礼しちゃう。  


今夜も呑みながら書いていますが、頭はわりかししっかりしていたりして不思議だ。なので?書いてみる事にした。現在就職活動中の私は、妻に養われている?身でして、家事に勤しんでいる。(誰にも言わないでね、恥ずかしいから、いやん!!)


妻の仕事は非常にハードでして、時々夜勤などもあったりする。今まで殆ど妻の家事を手伝ったりをしてこなかった私は、家事とはおこがましいが、子供達の世話や、洗濯や、洗い物にと、悪戦苦闘しながら就職活動し、少しでも妻の負担を減らそうと・・・。ここまで書いてふと気付く。


前にも同じような事を書いたような・・・。書いてました。会社が倒れ、残務処理に追われ、弁護士との相手に困惑し、就職活動はうまくいかず。そう、今となっては前職である会社に就職する前っ!!。





懐かしい~。





ああ恥ずかしや、恥ずかしや。懐かしいと書いてしまう私が恥ずかしい。家事を止む無く手伝っていた事を、あたかも忘れてしまっていたような私が恥ずかしい。


と言いますのもね、この3年間私は、妻の家事を少しでもっていう感覚を、また失ってしまっていました。本当に仕事がハードだった、というのは事実だったかもしれませんが、所詮それは言い訳。いやっ、違う。どっちや。分からへん。でもね、やっぱり仕事しながらの家事は、大変。(世の良き主婦の方々、良き主夫の方々からお叱り受けそう。)私なんて仕事してないのに大変。仕事してないのも大変。手が、手荒れで大変。(このエントリーを妻が読んだら、殺されるやろな。)


ほんで、何とか先日内定を頂きました。ぱちぱちぱちぱち~。無職とさよなら。ぱちぱちぱちぱち~。


過日も書きましたが、人生で初の退職届を出した、前職。本当は、そこでの自分を総括することを書きたいと、ここ最近ずっと思ってまして。たとえ自分が営業する商品が『嗜好品』であったとしても、その素晴らしい、本当に素晴らしい(表現が貧し過ぎますが・・・。)”モノ”にめぐり合い、それを渾身の力と技と経験と情熱で造る製造責任者と出会い、自分が物凄く成長できたような。また職場の方々で、後の私にとってかなり影響を受けた方々と出会えたような。


それでいて私が退職届を書きたくなる、書いてしまった職場の残念な事業主。(敢えて社長とは書きません。)退職届と退職願の違いすら解らない残念な事業主。(敢えて社長とは書きません。)そんな前職での総括をまた書ければ良いかなと思ってます。(どうせまたしばらく放置プレーかもしれませんが・・・。)


妻には本当に苦労掛けてます。申し訳ないと思ってます。ここで書かずに口で言えってことも解ってます。でも、ここでしか言えないもん、もといっ、書けないもん。本当に、いつもながら感謝しています。


そんな我家、今週の日曜から月曜にかけて、恐縮ながら私無職ながら、家族旅行に行ってまいります~、ぱちぱちぱちぱち~。貧乏旅行でございます~、ぱちぱちぱちぱち~。私のオンボロ軽アウディでです~、ぱちぱちぱちぱち~。宿は素泊まりです~、ぱちぱちぱちぱち~。次男はホテルだと思ってます~、ぱちぱちぱちぱち~。因みに北陸。


ただね、次の職場になるであろう職場から、内定後雇い入れ時の健康診断を受けろと指示があり、指示通りに指示通りの医療機関で受け、その費用を立替えたのですが、その費用は自己負担?何・・・。たくさんの方を雇用している事業所が、こんなもん・・・・・・?どうなっているんでしょうか、この国は。失敗した私が言えた事や無いか。


「上等やっ、内定なんかいらんわっ!!」


もし言ったとした時、その後の妻の顔が浮かびます。くわばら、くわばら。





くそ田舎は、まだまだ”さぶい”です。おやすみなさい。




スポンサーサイト

アイデンティティ  

とても、とても、寒いです。私の部屋は。まだまだ。

息を「は~」とすると、白いです。

やっと少し前に書きました。書いたと書くには大変おこがましい。

前にも書きましたけれど、過去に書いた自身のエントリーを読んでみたと。ここ最近、思い出したこと、記憶を辿りたいこと、等々があり、また少しだけ読み返すことが・・・。

会社があんな事になり、その後の事もあり、そっからも紆余曲折(?)あり、やっとこせ、新しい職場を得る事ができまして、新しい職場で拾って頂き(・・・・・・。)楽~に踏ん張って、身体は心はぐちゅあ~と楽しんでまいりました。3年間ぐちゃあ~と。そんな会社を人生初の、一身上の都合で辞めました。(本日は飲みが足りないのか、文面がどっちつかずで・・・。)

年末で退職。

正直、悲しい気持ちは無いといえば嘘になります。こんなことを書けば、よけい嘘くさい。悲しいより、寂しい。

少し書けば、大括り(建設業)しか知らない私が、ああなってこうなって、着いた先は製造業でした。製造業でも少し特異な生態(?)を持つ業界なのでした。そこの商品を世に広める営業マ~ン。(決して茶化しているわけでは・・・。)商品は、詳しくは書けませんけれど、決して人がそれが無ければ生きていけない商品ではなく、所謂『嗜好品』を提供するという、そんな会社でございました。

そこでは大変可愛がって頂きました、色んな意味で。最初は。けれど、元中は比較的真面目なので、辞めてしまいました。

良い感じで酔いが・・・。どろろろ~んと。

なので、現在就職活動まっしぐら~!!(酔うてる~!)

就職活動でも相変わらず、面白い事一杯ありますよ。それを書けっちゅうねん。

ぐだぐだで。えいっ!




もともと秦さんの事好きなのです。まさかまさかの。

これ、この映画を長男と次男が観ていて、怪物君の次男がちょっと、お目目がうるるると。それを見て、いや~な笑顔の長男。

そっから先は次男の名誉の為に・・・。

そんな怪物君の次男に、本日

「ねえ、お父さん。ふほうしんにゅうって何?」

そう聞かれました。

お父さんは、・・・。子供の成長の早さに驚くこととに加え、自身の衰えに気付くのでした。

今後の私の就職活動に、大いに・・・。止めておきます。

心境の変化  

まず、超遅い新年のご挨拶と謝罪です。ごめんなさい。

こんなブログにコメントくださっていました、Edu-One様並びにアイリーンママ様並びにやけなかまじし3様並びにウダモ様、コメント返せず放置しましたことお詫び申し上げます。また、何も書き綴っていないにも拘わらず、ご訪問くださった方々、有難うございました、そしてごめんなさい。

約一年、書いていません。書けなかったのか、書きたくなかったのか・・・。いや~あかんあかん、今更ながら。

前にも書いたかもしれませんが、私はツイッターやフェイスブックが苦手でして、ブログというツール?が好きでした。(でした?)

何故ならタイムリーにつぶやくでもなく、今やラインに打って変わっていますが、フェイスブックであれ、私にとっては便利かもしれないでけれど、危なっかしくって、面倒くさいツール(敢えてアプリとは書きません。)が性に合いません。(適当な言葉が浮かびませんのでご勘弁。お酒が足りません。)

ここで矛盾。面倒くさいのは、ブログの方が面倒くさいはずです。

・・・。

お?多分です。相手が判ってるが故に面倒くさいからしない。多分そうです。(また語弊がありますかね。)

きっと、私は書かないと駄目なんだと思います。(随分と書いていませんが・・・。)つぶやくのではなく、仲間などと会話するように連ねるのではなく。

ブログは、実名、匿名、商業、エトセトラ、本当にエトセトラ。私は、わがままに、匿名で吐露・ゲロ・好きな事書かせてもらっていました。私は書く方が好みな人間なのだろうと。

ひとまず、ほんのひとまず、書いて。ご訪問くださっていた方々の所へと。恩返しなどと生意気申しません。

この3年間に区切りをつけ、また少しでも書ければと思っています。以前の真面目?な私に戻って。

衰退  

大変久しくご無沙汰してございます。一応生きてはおります。やっと、土日のお休みいただきまして、嬉しいやら・・・。


こんな開いた事無いよね~。(軽く。)



色々ブログの事や、自身の事書きたいのですが、如何ともし難いのが時間・・・。



日記の体をなしておらず、もう辞めようと思って放置していました。




でもね、自身の過去の記事を読み返すと、結構真面目に書いているのねって。



もうしばらく置いておこうと思います。(今の職場の事は、ノープランで・・・。)



こんなで、ごめんなさい。本当に。

昨日  




少しだけ。



昨夜の事です。いかんともし難い事情により、私と息子達が先にお風呂に入り、その後妻が一人でお風呂に入っている時のこと。私は見るでも無いくせに、テレビを眺めていました。



すると、もうオネムになる時間を過ぎている次男に、長男が何と本を読み聞かせていました。



私は初めて見る光景に、目を疑いました。だってね、妻や私が次男に本を読んでやる事はあっても、いつも喧嘩ばっかししている長男と次男が、ソファーに並んで腰掛け、長男が次男に本をですから、しかも丁寧に読んでやっている・・・。



こんな私が父親で、数々の修羅場を見てきたであろう長男が、と思うと、不謹慎にも子供って凄いなって、感慨深い気持ちで居ました。



すると、次男が私のところに擦り寄ってきました。本を読んでもらって、良い感じに眠くなってきたのでしょう。



-○○君、お父さんにもたれて、ころんしなさい。



すると次男は、



「お父さん、怖いよ~。」



-ん?



「お父さん、怖いよ~。」



何でだろうって思った瞬間に、長男が手にしている本に、私の目はロック・オン。



『都市伝説』というタイトルと、おどろおどろしい表紙が・・・。



本当に丁寧に丁寧に読んでいた長男。怯えている次男。それを見て、キャッキャキャッキャ楽しそうな長男。お風呂から上がってきて、状況が把握できずに、不思議そうな妻。その後が面倒で、怖くって、自室に駆け込む私。



その後状況を把握した妻と、長男の事は、私には分かりません。知りたくも有りません。







翌朝(本日の朝)、私がリビングに行くと、長男は頭頂部の寝癖をピヨ~ンとしながら、美味しそうにトーストを頬張っていました。



無事で良かった、と思いました。



そんな私にも明日も朝が来る。



プロフィール

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。